スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芸術闘争論の追記 

今回は書評ではありません。

11/11にスタンダードブックストアで行われた
「村上隆の闘争論3」というトークイベントへ行ってきました。

前回の「芸術闘争論」の追記として
イベントの感想を書こう思います。

本の内容をさらに詳しく、
ハイアートにおけるコンテクスト(文脈)の読み方や、
書籍では乗せる事の出来なかった実例を参考にした
作品の構図の解説など、
2時間に渡る芸術の講義でした。

トークイベントの中で印象的だったのは
村上さん(以下敬称略)の話の中で
「マーケティング」「トレンド」「プレイヤー」
という言葉が頻繁に登場したことです。

ハイアートに何故、高額な値段が付くのか。
それは、コンテクスト(文脈)に沿った
制作がなされているからだと村上は言います。

では、そのコンテクストは何か。
具体的に言えば、ピカソのキュビズムであり、
デュシャンの便器、ウォーホールのマリリンモンローです。

ピカソは平面の中に立方体(複数の視点)で絵を書きました。
これはその当時までの平面で絵を書く事を否定して
絵画のコンセプトを先へ進めたことになるわけです。
この積み重ねが文脈です。

このコンテクストの現在を
村上は「トレンド」と表現し、
それを調べることを「マーケティング」
作家を「プレイヤー」と呼んでいるようでした。

最後の質疑応答で
「芸術と商業の境界線は?」という質問に対して
「芸術(ハイアート)=商業」
だと彼は答えました。

この断言を僕は凄いと思いました。
「芸術=純粋」という空気のある日本で
彼が反発をされる理由はここにあるのでしょう。

彼はお金にならない芸術を否定しているわけではありません。
純粋な内面世界から作り出す作品をダメだと言ってもいません。

世界でプロの芸術家として(ハイアートの世界で)活躍するためには
どうすればいいかという話です。

僕がどんなに説明したところで
村上さんの理解度に及ぶべくもないので
内容についてはぜひ一度本を読んで見て下さい。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nobooksnolife.blog25.fc2.com/tb.php/26-2ebb3fa9

-

管理人の承認後に表示されます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。