スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天地明察 

著  者:冲方 丁
出版社:角川書店
出版日:2009年12月1日 第1刷発行

あらすじ
舞台は江戸、四代将軍家綱の時代
主人公は渋川春海。改暦に一生を掛けた数学者の物語。


遅くなりましたが今年の本屋大賞1位ということで、「天地明察」を読みました。
ずばりとても面白かった。
天文と算術と碁に奔走する主人公の時代小説と、
帯に書いてありました。
時代劇ということで読む人を絞るだろうし、
天文、算術、碁、好きな人は好きだけどとても狭い所だなぁと
どうしてこれが本屋さん大賞に選ばれたのかなと思いました。

読めばはっきり分かりました。
エピソードのひとつひとつがとても良く出来ているんです。
これきっとどんな設定でやっても面白いですよ。
すごく上手です。

主人公の春海にとても共感します。
今はそんなに悪くない。
でも、なんだか満たされない。
一生懸命になりたい。もっと本気で生きたい。
そんな気持ちから改暦に没頭していく晴海に
自分を重ねて読んでいました。

時代考証もしっかりしています。
あぁ、これは万人向けなんだなぁと腑に落ちました。

読み終わってまず、
主人公の渋川春海が実在の人物かどうかを調べました。
物語がよく出来てるので実在なのか架空なのか
内容からでは判断がつきませんでした。
そして次は作者についてです。
この方(沖方丁・うぶかたとう)の作品を読んだのがはじめてだったので
てっきり時代物専門の人かと予想していたのですが、
時代物初っぽいですね。
他の作品も読んでみたいと思います。

マルドゥック・スクランブル劇場アニメ化ですね。

■マルドゥック・スクランブル
■冲方 丁の作品

⇒人気ブログランキング:本・読書ブログ
⇒にほんブログ村:書評・レビューブログ
その他の書評ブログはこちら。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。