スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これからの「正義」について話をしよう 

著  者:マイケル・サンデル
出版社:早川書房
出版日:2010年5月22日 第1刷発行

あらすじ
現代における正義とは何か。
ハーバード大学史上最多の履修生数をほこる人気講義の書籍化です。


六本木ヒルズでの講演の記事をみて
サンデルソクラテス型の対話方式の講義を
非常に面白いと思い読んでみました。

ソクラテスからニーチェを哲学といい、
それ以降を現代思想と呼ぶそうです。
哲学とは「生きる」など自身・個人を考える学問であり
現代思想とは社会全体を考える学問だそうです。
ここらへんは、聞きかじりで今の自分の理解なので
正確でない可能性大です。

コピーは「今を生き延びるための哲学」
現在の多様化した価値観の中で
個人の倫理とは何か、を問うている内容なのかな。
日常生活の中でどっちつかずのまま答えの出せない問いが
僕には沢山あります。
答えに辿り着くための基準の参考になればと期待して、
読み進めていきました。

ざっくりした結論は、効率(功利主義)を価値のものさしにせずに、
道徳(宗教的価値観や、社会的倫理観)を基準にしてものを考えていこう。
道徳ってものは、効率とは違い、人によって違うものなので
皆で積極的に話合おうよ。
というものです。

例を出して、その答えを相手に考えさせながら
自分の答えを小出しにしていく方法はとても面白かったです。
ただなにか、その答えは西欧文化という感じがしました。

なんだろう。
この本に書かれているような価値観や思考経路を辿らない
日本人って多いんじゃないかな。
人文書にしては異例の売り上げですが、
それはこの人の講義(プレゼンテーション)が面白いからで、
内容が腑に落ちた人ってどのくらいなんやろう。
という疑問が残りました。

が、それを置いても考えるということの
ひとつの教科書になると思います。
「今を生きること」の参考としてみては如何でしょうか。
それぞれの答えを導く良いきっかけになると思います。

■マイケル・サンデルの著書

⇒人気ブログランキング:本・読書ブログ
⇒にほんブログ村:書評・レビューブログ
その他の書評ブログはこちら。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。