スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローマ人の物語Ⅰ~ⅩⅢ 

著  者:塩野七生
出版社:新潮社
出版日:2002年05月 第1刷発行

あらすじ
ローマの人々の諸行(単行本全15巻、文庫版40巻~続刊)
ローマ誕生(文庫版1巻)からカエサル暗殺(文庫版13巻)まで


ローマ人の物語は単行本で全15巻、
文庫版で40巻以上と長大です。

そこで全てを読み終えて感想を書くのが普通ですが、
現在進行形で読みながら何回かに分けて
感想を書いていくのも面白いのではないかと思いました。
今回は文庫版1巻~13巻までを読んだ感想です。
-----

本シリーズはヒストリア(歴史書)ではない。

ローマの誕生から滅亡までが
叙述されているのだが、
その主眼は人物と
当時のローマの生活や価値観に置かれている。

塩野七生の書く作品の魅力と特徴は
その独特の人物像の掴み方にある。

彼女の物語に登場する人物は
教科書にある歴史的観点からみた
モノクロな人物像ではなく、
生い立ちや、手紙、交友関係を元に考察された
フルカラーの人物像で描かれる。

また当時の価値観をもとに
どのような評価であったかも
詳しく書かれている。

現在の価値基準を
そのまま当てはめると
その人物の魅力や行動を
大きく誤解することになってしまうからだ。

本作はこの点から、
面白くて分かりやすい。

塩野七生はイタリア在住の
日本人小説家だ。

本書は日本人の書く外国の歴史だ。
その事も日本人である僕たちの
文化的理解を助けている。

重ねてになるが、これはヒストリアではない。
塩野七生が史料を精査し、歴史的考証も重ねて
導き出された独自の人物解釈が多々登場する。

本書に書かれている内容が
間違っているわけではないが、
歴史の勉強として読むとき
解釈が定説とされているものではない
場合があることに注意してほしい。

----この本をより面白く読むためのキーワード----
⇒塩野七生 ⇒古代ローマ
⇒ユリウス・カエサル
-------------------------------------------

■ローマ人の物語
■塩野七生の作品

⇒人気ブログランキング:本・読書ブログ
⇒にほんブログ村:書評・レビューブログ
その他の書評ブログはこちら。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。