スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

33個めの石 

著  者:森岡正博
出版社:春秋社
出版日:2009年02月17日 第1刷発行

あらすじ
とまどいながら、歩き続ける
現代の哲学者のエッセイ


森岡正博は、哲学者(大阪府立大学教授)である。
本書は彼のエッセイだ。

彼が日々感じたことが
いくつかの大きなテーマごとに
分かりやすく簡潔な文章でまとめられている。

以前マイケル・サンデル
「これからの『正義』について話をしよう」
について欧米らしい感じがすると書いた。
その差異をうまく説明することは出来ないが、
本書はとても日本人くさい。

本書は「これからの『正義』」とは違い
教科書的な内容ではない。
森岡正博の考えたことが書かれているだけで
指示はない。

だが、僕はこちらの方が腑に落ちた。

サンデル「これからの『正義』」
と合わせて読むと面白いだろう。

本書にはいくつかのテーマがあるのだが、
クローンや、ロボットなど
これから人類が身に付ける新たな技術について
否定的な意見ばかりが目立つ。

不可能を可能にしていく人間の進歩だが、
良い面ばかりではなく、悪い面も持ち合わせている。
彼はその悪い面ばかりを
クローズアップしているように思えるのだ。

若者には年寄りの杞憂に感じるかもしれない。

だが、それこそが必要な想像力ではないだろうか。
際限なく進化する技術に対して、
起こりうる事態を想定し、
先に倫理を確立しておくことは重要なことだ。

森岡正博はそれを理解したうえで
哲学者の役割を演じているように思えた。

その証拠に本書の最後は希望の言葉で結ばれている。

僕はファッションの項目については納得できなかった。
当たり前だが彼の言っていることが正解ではない。

これからの現代において、一人ひとりの個人が少しづつ
この哲学者の役割を担うことが大切ではないだろうか。

最後に本書を読むきっかけとなった帯の一文を紹介したい。
「2007年、米国・バージニア工科大学で銃乱射事件が起きた。
 キャンパスには犠牲者を悼む32個の石が置かれたが、
 人知れず石を加えた学生がいた。
 33個めの石。それは自殺した犯人の追悼である。
 石はだれかに持ち去られた。
 学生はふたたび石を置いた。それもまた、持ち去られた。
 すると、別のだれかが新しい石を置いた。
 ――私たちにとっての33個めの石とは?」

■森岡正博の著書

⇒人気ブログランキング:本・読書ブログ
⇒にほんブログ村:書評・レビューブログ
その他の書評ブログはこちら。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。