スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛ぶ教室 

著  者:エーリッヒ・ケストナー
出版社:光文社
出版日:2006年09月07日 第1刷発行

あらすじ
ギムナジウム(中高等学校)を舞台にした
少年たち5人のクリスマスの物語


今回の書評は、いつもとちょっと違います。

普段は、読んだ本の中で
これはいいぞと思ったものを
選んで感想を書いています。

今回はお世話になっているSNSの
課題図書としてこの本を読みました。

このブログの右端で紹介している、
本カフェというSNSです。
本好きが集まって、好きに語り合うSNSです。

今回は僕もお客さまな
視点で書いています。

僕はあまり翻訳された物語の本を読みません。
肝心な部分をうまく読み取れない気がするからです。
行間っていうのか、作者の無意識みたいな部分。

だからこの本は、紹介されなければ
おそらく手に取ることはなかったと思います。

まず、このタイミングでこの本を選んだ人の
センスがいいなと思いました。
クリスマスをモチーフとした作品です。
肌で感じる寒さや、部屋の中の温もりが、
物語へ入り込む良いきっかけになりました。

物語は5人の少年を中心に進んでゆきます。
腕っ節が強い少年、
クラスで一番頭の良い少年、
クールな少年、
臆病だけど勇気ある少年、
そして、リーダー役の少年

この役割分担は
よくありますよね。

少年たちの友情や、冒険、自立心を描く
よくある展開です。
例えばドラえもんのような。

ただし、面白い話というのは
王道に勝るものなしです。

僕は少し泣きました。

翻訳本ということもあって
今回は読む前に少し作者について
調べてみました。

エーリッヒ・ケストナーは
ドイツ人の作家で、
彼が活躍したのは
第二次世界大戦下のドイツです。

そんな作者の背景に
思いを馳せながら
この本を手にとると
さらに味わい深いものがありますよ。

----この本をより面白く読むためのキーワード----
⇒エーリッヒ・ケストナー ⇒ギムナジウム
-------------------------------------------

■ケストナーの作品

⇒人気ブログランキング:本・読書ブログ
⇒にほんブログ村:書評・レビューブログ
その他の書評ブログはこちら。

スポンサーサイト

うめめ 

著  者:梅 佳代
出版社:リトルモア
出版日:2006年9月4日 第1刷発行

あらすじ
梅佳代のファースト写真集
2006年度 第32回木村伊兵衛写真賞


書評とは少し毛色が違うかもしれません。
今回は写真集です。

2006年度 第32回木村伊兵衛写真賞を受賞した頃から
一躍有名になった梅佳代のファースト写真集です。
木村伊兵衛写真賞は、蜷川実花HIROMIX川内倫子本城直季らも
受賞している若い感性を評価する賞です。
賞や写真家の名前を知らなくても、
作品は知ってる方多いと思います。

梅佳代の写真は、自由奔放です。
どこにでもよくありそうな日常の風景を
梅佳代の独特の「変な瞬間見つけた」
というアンテナでトリミングしていきます。
放っておけば目撃者は自分だけになってしまうだろう
その瞬間に遭遇し、気付き、一瞬を撮影するのが
梅佳代のすごさだと思います。
彼女は写真をオート機能で撮影しているそうです。

梅佳代さんに先日お会いする機会がありました。
少しの会話でしたが、
写真から伝わる通りの変な面白い奴でした。
やはりこの人だから撮れる写真、
遭遇する場面なんだろうと感じました。

そんな梅佳代の写真ですが、
一部写真家からは不評を買っていたそうです。
問題は誰にでも撮れそうな写真ということ。
露光、フォーカス、ロケーション、
そういう技術以外のところで
評価されては困るということでしょうか。
ある人は、写真の本質は報道だと言いました。
彼女の写真はそうではないと。
でも、彼女はある座談会で「わたしは、基本、報道ですから。」と
答えています。

彼女の写真は生の日常を切り取っている
まさに報道写真です。
その一番の魅力は分かりやすさです。
伝える力の強さがすごく強い。

現在、数冊の写真集が出ています。
中でも「うめめ」は面白い。

■梅佳代の作品
■木村伊兵衛の作品

⇒人気ブログランキング:本・読書ブログ
⇒にほんブログ村:書評・レビューブログ
その他の書評ブログはこちら。

天地明察 

著  者:冲方 丁
出版社:角川書店
出版日:2009年12月1日 第1刷発行

あらすじ
舞台は江戸、四代将軍家綱の時代
主人公は渋川春海。改暦に一生を掛けた数学者の物語。


遅くなりましたが今年の本屋大賞1位ということで、「天地明察」を読みました。
ずばりとても面白かった。
天文と算術と碁に奔走する主人公の時代小説と、
帯に書いてありました。
時代劇ということで読む人を絞るだろうし、
天文、算術、碁、好きな人は好きだけどとても狭い所だなぁと
どうしてこれが本屋さん大賞に選ばれたのかなと思いました。

読めばはっきり分かりました。
エピソードのひとつひとつがとても良く出来ているんです。
これきっとどんな設定でやっても面白いですよ。
すごく上手です。

主人公の春海にとても共感します。
今はそんなに悪くない。
でも、なんだか満たされない。
一生懸命になりたい。もっと本気で生きたい。
そんな気持ちから改暦に没頭していく晴海に
自分を重ねて読んでいました。

時代考証もしっかりしています。
あぁ、これは万人向けなんだなぁと腑に落ちました。

読み終わってまず、
主人公の渋川春海が実在の人物かどうかを調べました。
物語がよく出来てるので実在なのか架空なのか
内容からでは判断がつきませんでした。
そして次は作者についてです。
この方(沖方丁・うぶかたとう)の作品を読んだのがはじめてだったので
てっきり時代物専門の人かと予想していたのですが、
時代物初っぽいですね。
他の作品も読んでみたいと思います。

マルドゥック・スクランブル劇場アニメ化ですね。

■マルドゥック・スクランブル
■冲方 丁の作品

⇒人気ブログランキング:本・読書ブログ
⇒にほんブログ村:書評・レビューブログ
その他の書評ブログはこちら。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。