スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬として育てられた少年 

著  者:ブルース・D.ペリー
出版社:紀伊國屋書店
出版日:2010年1月30日 第1刷発行

あらすじ
子どもの脳とトラウマ
ある精神科医の記録


本書は精神科医であり脳科学者である
ブルース・D.ペリーの診療記録だ。

ブルース・D.ペリーは
子供の精神衛生および神経科学を専門としており
この本にはタイトルに表されるような子供たちが登場する。
彼らは故意、過失に関わらず、虐待もしくは愛情不足のため
正常な発達を阻害されて育つことになった子供達だ。

この中で脳に疾患が認められる多くの子供の場合、
ADHD(注意欠陥・多動性障害)
ODD(反抗挑戦性障害)やその他精神疾患として
診断される事が多い。

脳は脳幹、間脳、大脳辺縁系、大脳皮質に分けられる。
内側のものは生理的機能(本能)を司り、
外側のものは意識的機能(理性)を司る。
そして脳は内側から外側へ向かって成長していくそうだ。

著者は神経科学の観点から
ネグレクトによってこの発達が阻害された場合
これを治療するにはその子の年齢に合わせた治療ではなく、
脳の発達の段階に合わせた治療が必要であると結論づけている。

脳が中心から外側へ向けて成長していくのだとしたら、
現段階で脳の基礎部分がどの程度発育しているかが問題であり
患者の身体年齢に合わせた精神的治療だけでは不十分だということだ。

そして脳の正しい成長を促すには愛情(触れ合い)が有効だという。
愛情が個人差はあれど必要量に達しない場合
脳は社会的に機能できるように形成されないのだ。

ある年齢で発達をするはずの部分が未発達なのであれば
その年齢の子どもと同じように
抱きしめ、甘えさせ、愛情を注ぐのである。

そうして成長を止めていた脳は、
完全にとはいかないがまた成長をはじめる。

人が正しく人であるためには
愛情が必要だということだ。

科学的根拠に基づく結論が
実は人にとって当たり前の結論であったことに
僕は面白さを感じた。

ネグレクトはなくならないと思う。
それ自体が生物的本質によるもので
人も生物である以上
社会的倫理観にとって正しいものだけで
構成されるはずはない。

だがしかし、普通の人々の手の中に
その治療法があるということは
こぼれ落ちる小さな命にとって
大きな受け皿とならないだろうか。

まずは知ることだ。

⇒人気ブログランキング:本・読書ブログ
⇒にほんブログ村:書評・レビューブログ
その他の書評ブログはこちら。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。