スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パプーリとフェデリコ 

著  者:ガブリエル・バンサン
出版社:ブックローン出版
出版日:1996年06月 第1刷発行

あらすじ
森にひとりで暮らす老人と
そこで一緒に生活をすることになった少年の物語


冒頭、
パプーリ(老人)がフェデリコ(少年)の
帰りを待っている場面。

戻ったフェデリコはそんなパプーリをみて、
「しんぱいだったかい、パプーリおっちゃん。
 かえってこないとでも、おもった?」
と問いかけます。

小学生の頃、遊びに夢中になり
門限を大幅に過ぎて家に帰ったら
両親にとんでもなく怒られたときのことを
思い出しました。

そのとき僕は、
「なんでここまで怒られるんだろう。」
と不思議に思ったものです。

森でひとり気ままに暮らすことを選んだ老人が、
子どもを預かる事になります。

老人は子どもを預かることを
まっぴらだと思っていました。

子どもは老人のところへくるまで
「ワル」い子でした。

そんな二人がお互いを
掛け替えのない存在だと感じながら生活する様子を
バンサンが優しく描きます。

誰かを必要とし、
誰かに必要とされたいと思うこと。
あなたが必要だと伝え、
また伝えられること。

それは僕たちにとって
食事をするのと同じくらい欠かせないことです。

でもそれは、照れや強がりに隠されてしまい
見失うことも多いものです。

そんな素直な気持ちを思い出したいとき、
僕はこの本を読み返します。

■パプーリとフェデリコ シリーズ
■ガブリエル・バンサンの作品

⇒人気ブログランキング:本・読書ブログ
⇒にほんブログ村:書評・レビューブログ
その他の書評ブログはこちら。

スポンサーサイト

アンジュール 

著  者:ガブリエル・バンサン
出版社:ブックローン出版
出版日:1986年5月 第1刷発行

あらすじ
デッサンだけの絵本
飼い主に捨てられた犬の旅。


きっかけは
『絵本を抱えて、部屋のすみへ(著:江国香織)』だった。
その中に絵本作家ガブリエル・バンサンの紹介がある。

「『アンジュール』をはじめてみたときのショックはいまだに鮮明だ。
 本屋に積まれたその絵本から、目がそらせなかった。」
と書いてあった。

バンサンの絵には表情がある。
表情からはなんと沢山の感情が流れ込んでくるのか。
その奔流に僕の心は押し流されてしまった。

アンジュールは犬が主人公だ。
飼い主に捨てられるところから物語ははじまる。

アンジュールにテキストはない。
デッサンだけで構成された簡潔な内容だ。
普通にページをめくれば
読み終えるまでに5分と掛からないだろう。

しかし、読者は自らの記憶を検索し、
体験によってサンプリングされた素材を使って、
音・匂い・温度・風景を補完する。
それは自分の根源を辿る濃密な旅になる。

良い絵本とはなにか。
それは理性や論理ではなく、
本能や感情に触れてくる作品だと僕は思う。

本書を読み終えたとき
犬は自分になっていて
旅を終えた安心に包まれている。

■絵本を抱えて部屋のすみへ
■ガブリエル・バンサンの作品

⇒人気ブログランキング:本・読書ブログ
⇒にほんブログ村:書評・レビューブログ
その他の書評ブログはこちら。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。