スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A3 

著  者:森達也
出版社:集英社インターナショナル
出版日:2010年11月26日 第1刷発行

あらすじ
松本サリン事件から16年
当時から取材を続ける森達也がオウム真理教を描いたドキュメンタリー


本書に描かれているものは、恐怖だ。
心の中の奥のさらに奥、暗い穴の底に堆積する泥を汲み上げられて、
それを目の前でひっくり返えされた気分になる。

著者の森達也は松本サリン事件を起こしたオウム真理教を描いた
ドキュメンタリー映画「A」「A2」を制作している。
その続編が本書「A3」だ。

松本サリン事件から16年、
裁判は進んだ。
だが、事件の真相はどこへ消えたのだろうか。
あれほど加熱した報道も
今となっては僅かな結果しか伝えない。

本書は「事実に迫る」というスタンスで作られた作品だ。
オウムを必要以上にバッシングしない。
だが「オウム=悪」という図式の中では、
「バッシングしないこと=オウムの肩を持つ」
と思われることがある。
だから、まず断らなければならない。

本書はオウムを擁護するものではない。
それを薦める僕もオウムを擁護したいのではない。

僕は事件とは直接関わりはない。
身近な人で言えば間接的な関わりもない。
メディアの中での話しだ。

ただし社会という接点で関係から逃れられる人はいない。
事件の真相に迫る中で、
事件以前と事件以後で社会がどのように変容したのか、
何故、変容してしまったのかについて本書は語る。

社会全体が誰も気づかない間に
少しづつ泥の中へ沈んで行く様子が記録されている。
それは皆の暗黙の総意の下で行われた。

嫌な気分になる本だ。
だが、気づかないうちに
自分が何を行ってきたのかを
知りたいという気持ちが
この重たい本書を最後まで読み通す動機になった。

著者は「A」「A2」と映画として発表をしてきた。
本書にこう書かれている。
「それほどに『A2』は不入りだった。
 民意に反した映画など誰も観に来ない。
 オウムへの視点など誰も求めていない。
 観客がほとんどいない客席を
 扉の隙間から眺める思いはもうしたくない。
 だからこそ映画版『A3』の撮影を、僕は中途で断念した。
 映像から活字へと仕事の領域をシフトした。
 苦しかった。辛かった。今さら簡単には戻れない。」

森達也は元テレビマンとして、
メディアはそれ自体が持つ性質に、
視聴者が知りたいと思うものを流す傾向がある。
嘘ではないが、真実の一部を切り取って
それを全部であるかのように錯覚させる。
と語っている。

視聴者に情報を取捨選択する能力が必要
ということだ。

それに倣うなら、本書もドキュメンターではあるが、
中立な立場で事件を見ようとする
森達也のバイアスが掛かっている。
そのことを意識して
それぞれに見える真実を考えてみて欲しい。

----この本をより詳しく読むためのキーワード----
⇒森達也 ⇒オウム真理教
⇒松本サリン事件 ⇒地下鉄サリン事件
-------------------------------------------

■森達也の著作

⇒人気ブログランキング:本・読書ブログ
⇒にほんブログ村:書評・レビューブログ
その他の書評ブログはこちら。

スポンサーサイト

21世紀の国富論 

著  者:原丈人
出版社:平凡社
出版日:2007年06月21日 第1刷発行

あらすじ (「BOOK」データベースより)
シリコンバレーで数々の企業を成功させてきた
実業家が語る日本の未来。


原丈人さんの「ほぼ日刊イトイ新聞」の
インタビューを読んでこの本を購入しました。

さんはベンチャーキャピタリストという、
ベンチャー企業にお金を融資して
その会社を育てる仕事をしている方です。

インタビューの内容は、仕事とお金についての話でした。
僕は勝手に、お金を商売にしている人は
顔が少し油っこい印象の方が多いと思っています。
そして、その人たちの言う
儲けるための話や、お金を増やすための
話が好きではありません。
(誤解のないように言っておきますが、
 お金は大事で、沢山欲しいと思ってますよ。)
でも、さんはすごくさっぱりした顔をしているなと
思ったのでした。

さんは「公的資本主義」という
新しい資本主義を提案しています。
会社は株主のものであるとするのが今の主流です。
そうではなくて、会社は公的なものであるというのが
さんの「公的資本主義」の考え方です。

「会社というのは、従業員、顧客、
 取引先、地域社会など、
 関係する人すべてのものであって、
 それらの人たちの利益に貢献すべきものなんです。」

言われてみれば当たり前の事です。
人は簡単に見つかる場所にあるものを
答えだとなかなか思えないものです。

本書では、株式市場の話や、
どうして金融資本主義がだめになったのか、
持続可能な資本主義とはどういうものか、
これからの産業について、などが詳しく
出来るだけ分かりやすく書かれています。

僕は、これはお金を専門にしている人に向けてではなく
普通の人に向けて書かれた本だと思いました。

今自分たちがどういう仕組みの世界にいるか
ざっくりでも知っておくのは
きっと良いことですよ。

専門的な言葉も少し出てきますが、
読みやすい内容です。
ビジネス書を敬遠している人でも
手にとりやすい本です。
何せ油っこくないですから。

■ほぼ日:原丈人さんと初対面
■原丈人の著書

⇒人気ブログランキング:本・読書ブログ
⇒にほんブログ村:書評・レビューブログ
その他の書評ブログはこちら。

これからの「正義」について話をしよう 

著  者:マイケル・サンデル
出版社:早川書房
出版日:2010年5月22日 第1刷発行

あらすじ
現代における正義とは何か。
ハーバード大学史上最多の履修生数をほこる人気講義の書籍化です。


六本木ヒルズでの講演の記事をみて
サンデルソクラテス型の対話方式の講義を
非常に面白いと思い読んでみました。

ソクラテスからニーチェを哲学といい、
それ以降を現代思想と呼ぶそうです。
哲学とは「生きる」など自身・個人を考える学問であり
現代思想とは社会全体を考える学問だそうです。
ここらへんは、聞きかじりで今の自分の理解なので
正確でない可能性大です。

コピーは「今を生き延びるための哲学」
現在の多様化した価値観の中で
個人の倫理とは何か、を問うている内容なのかな。
日常生活の中でどっちつかずのまま答えの出せない問いが
僕には沢山あります。
答えに辿り着くための基準の参考になればと期待して、
読み進めていきました。

ざっくりした結論は、効率(功利主義)を価値のものさしにせずに、
道徳(宗教的価値観や、社会的倫理観)を基準にしてものを考えていこう。
道徳ってものは、効率とは違い、人によって違うものなので
皆で積極的に話合おうよ。
というものです。

例を出して、その答えを相手に考えさせながら
自分の答えを小出しにしていく方法はとても面白かったです。
ただなにか、その答えは西欧文化という感じがしました。

なんだろう。
この本に書かれているような価値観や思考経路を辿らない
日本人って多いんじゃないかな。
人文書にしては異例の売り上げですが、
それはこの人の講義(プレゼンテーション)が面白いからで、
内容が腑に落ちた人ってどのくらいなんやろう。
という疑問が残りました。

が、それを置いても考えるということの
ひとつの教科書になると思います。
「今を生きること」の参考としてみては如何でしょうか。
それぞれの答えを導く良いきっかけになると思います。

■マイケル・サンデルの著書

⇒人気ブログランキング:本・読書ブログ
⇒にほんブログ村:書評・レビューブログ
その他の書評ブログはこちら。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。