スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛ぶ教室 

著  者:エーリッヒ・ケストナー
出版社:光文社
出版日:2006年09月07日 第1刷発行

あらすじ
ギムナジウム(中高等学校)を舞台にした
少年たち5人のクリスマスの物語


今回の書評は、いつもとちょっと違います。

普段は、読んだ本の中で
これはいいぞと思ったものを
選んで感想を書いています。

今回はお世話になっているSNSの
課題図書としてこの本を読みました。

このブログの右端で紹介している、
本カフェというSNSです。
本好きが集まって、好きに語り合うSNSです。

今回は僕もお客さまな
視点で書いています。

僕はあまり翻訳された物語の本を読みません。
肝心な部分をうまく読み取れない気がするからです。
行間っていうのか、作者の無意識みたいな部分。

だからこの本は、紹介されなければ
おそらく手に取ることはなかったと思います。

まず、このタイミングでこの本を選んだ人の
センスがいいなと思いました。
クリスマスをモチーフとした作品です。
肌で感じる寒さや、部屋の中の温もりが、
物語へ入り込む良いきっかけになりました。

物語は5人の少年を中心に進んでゆきます。
腕っ節が強い少年、
クラスで一番頭の良い少年、
クールな少年、
臆病だけど勇気ある少年、
そして、リーダー役の少年

この役割分担は
よくありますよね。

少年たちの友情や、冒険、自立心を描く
よくある展開です。
例えばドラえもんのような。

ただし、面白い話というのは
王道に勝るものなしです。

僕は少し泣きました。

翻訳本ということもあって
今回は読む前に少し作者について
調べてみました。

エーリッヒ・ケストナーは
ドイツ人の作家で、
彼が活躍したのは
第二次世界大戦下のドイツです。

そんな作者の背景に
思いを馳せながら
この本を手にとると
さらに味わい深いものがありますよ。

----この本をより面白く読むためのキーワード----
⇒エーリッヒ・ケストナー ⇒ギムナジウム
-------------------------------------------

■ケストナーの作品

⇒人気ブログランキング:本・読書ブログ
⇒にほんブログ村:書評・レビューブログ
その他の書評ブログはこちら。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。